MENU

おなら、ガスが止まらない原因は腸内にある?

おならのにおいは食べた物で決まる?

 

おならの成分の70%は食べ物や飲み物と一緒に飲み込んだ空気です。それ以外の30%がくさいにおいの元となる腸内細菌の発酵臭なんですが、食べたものでにおいが変わるって知っていましたか。一番有名なのは、お肉を食べるとくさくなる、お芋をたべるといっぱいおならが出る、という話だと思います。

 

実は、お肉を食べた時のにおいは腐敗臭なんです。腸の中で悪玉菌が分解を担っているので、くさくなっちゃうんですね。その点、お芋の食べ過ぎででるおならは、そこまで臭くなりにくいんです。なぜなら、善玉菌の分解による発酵臭だからです。

 

腸内環境を快適に整えるには?

 

腸内の善玉菌が少ないと、においのきついガスが大量に作られてしまいます。それ解消する為には、乳酸菌を摂取するのがとてもいいいんです。善玉菌の中でも、乳酸菌は腸の調子を整える力がとっても強いんです。腸内環境の改善にヨーグルトや納豆などの発酵食品がいいと言われるのはそのためです。

 

おならの回数やにおいが気になる方は、まず食べ物から見直していきましょう。肉類の多い食事は腸内の働きを悪くしてしまうので控えめに、お芋や発酵食品など、腸内の環境を良くするものを積極的にとっていきましょう。それだけで、良好な腸内環境を作り上げる事ができるんです。