MENU

腸内環境を整えればおならは減る?

おならの元は食事中に体内に入る空気です

 

おならがどのように発生するのかを考えるには、食べ物が口から入る段階から見ていかなければなりません。食べ物は口の中でよく噛まれ、唾液に含まれる酵素アミラーゼと混じり合って、食道を通じて胃に入ります。胃の中で食べ物は、ペプシンを含む胃液で分解され、十二指腸に送り込まれます。次いで小腸へ入り、栄養分が吸収されていき、残滓が大腸に送られます。

 

すなわちガスは、その成分の大半が空気です。そしてこの空気は、食事をする時に食物と一緒に体内に取り込まれたものなのです。そしてその空気は、大腸内で嫌気醗酵して起こるメタンガスと混じっておならになります。

 

おならがでるのは健康な証拠

 

おなら,乳酸菌,腸内

胃腸が十分な働きをしていれば、上記のように食物を消化吸収したあとでガスが発生するのは当然のことであり、メタンガスという有害な気体を体外に放出するのは健康な証拠でもあります。しかしあまりに頻繁におならがでたり、それが非常に臭いという場合は、何らかの病気が隠れていることもあります。

 

例えば便秘・大腸炎・潰瘍などです。これらの病気を引き起こすのは、腸内環境がバランスしていないことです。嫌気醗酵が旺盛になると悪玉菌が増殖し、さらに腸内環境を悪化させるのです。

 

対策としては有胞子乳酸菌・植物性乳酸菌・ビフィズス菌を摂取して善玉菌を優勢にすることです。これらは発酵食品やサプリメントなどで効果的に摂取することができます。